圧搾法について

エッセンシャルオイルは、植物に含まれる揮発性の芳香物質を含む有機化合物

 

です。製法にはいくつかの方法が知られており、使用する植物によって異なる方

 

法がとられます。

 

 

植物を水蒸気で蒸して芳香成分を得る「水蒸気蒸留法」、油脂に芳香成分を吸わ

 

せる「油脂吸着法」、芳香成分を有機溶剤に溶かしだして得る「有機溶剤抽出

 

法」、液化ガスなどを超臨界状態にして芳香成分を溶かし出して得る「超臨界流

 

体抽出法」があります。

 

gf2160257901l

 

この他には物理的に圧力を加えて絞り出す「圧搾法」が知られており、柑橘系植

 

物からエッセンシャルオイルを抽出する際に利用されます。柑橘系植物は、果実

 

の皮の表面にある油胞と呼ばれる部位にエッシェンシャルオイルを持つので、皮

 

に物理的な力をかけて押しつぶして得ます。皮をしぼるスクイーズ法と、皮をおろ

 

し金でするエキュエル法とがあります。いずれも昔は手作業で行われていました

 

が、今日では機械化されているだけではなく、果実丸ごとに力をかけて果汁とエッ

 

センシャルオイルとの両方を分離して引き出す方法があります。

 

 

この方法の長所は、エッシェンシャルオイル中のL−リモネンなどテルペン類が熱

 

に弱いことに対応しており、圧搾時に発生するわずかな熱から成分を守るように冷

 

却しながら処理することです。したがって香りの劣化を回避することができます。短

 

所は他の製法に比べると不純物が混入する可能性があることです。