精油と合成オイルの違いについて

精油とは、英語ではエッセンシャルオイルともよばれ、植物の中に存在する香を放

 

つ物質である芳香物質のみを純粋に抽出したものです。他に何も混ぜていない

 

純粋なものだけにつけられるものです。

 
一方合成オイルとは、名前の通り、何かを合成して作られたオイルのことです。ア

 

ロマオイルなどと呼ばれたりします。人工的な香料を使用したり、他の安価なオイ

 

ルに香りを混ぜたものなど幅広い意味を持ちます。

 
これらの違いから、使用できる用途に差が出てきます。本来どちらも香りを嗅いで

 

楽しむものであるため、それに関してはどちらも使えます。しかし、合成オイルは

 

直接肌につけたりしての使用は避けたほうが無難です。

 
純粋なものであれば、芳香物質のみを抽出しているだけなので、肌につけること

 

が可能です。しかし直接つけるのではなく、何かに混ぜてから使います。アロママ

 

ッサージなどに使われているのはこのタイプです。お風呂に入れてアロマバスとし

 

て楽しむこともできます。

 
しかし、合成オイルは香りのするアロマならすべて合成オイルに分類されます。な

 

のでどんな材料で作られているか注意が必要です。身体へ直接使用できるという

 

表記がないものは肌に使うと肌荒れを引き起こしたりすることがあるので、用途を

 

守り利用することが重要です。