精油製品情報について

日本ではアロマオイルについて定義はされていませんが、英国では業界団体が

 

それを提唱しています。天然成分100%のものと、アルコールやプロプレングリコ

 

ールなどの溶剤で希釈している合成オイルとを区別しています。

 

 

 

アロマオイルを詳しく知って選ぶには、製法や原料他の製品情報を知ることが大

 

切です。

 

 

 

製法については、主に水蒸気蒸留法・溶剤中流法・圧搾法が知られています。

 

水蒸気蒸留法は、減量の放香植物を蒸留釜に入れて、蒸し上げる方法です。

 

植物エッセンスを沢山含んだ期待が発生し、これを容器に集めて水冷します。

 

この段階で水分とアロマオイルが分離します。水分は副産物ですが、アロマオイ

 

ルを微量含みますので化粧水として用いられます。溶剤抽出法は、放香植物を

 

有機溶剤につけ込んで揮発させる方法です。揮発後に難航上の固形物が残るの

 

で、それをアルコールに溶かしてさらに揮発し、アロマオイルができ上がります。

 

香りが弱い植物からアロマオイルを抽出する時に用いられます。ただしこの方法で

 

は溶剤がオイルに残ってしまいます。圧搾法は柑橘系果物の皮を利用する時に

 

用いられます。今日では遠心分離機で抽出されます。

 

 

 

市場に出ているアロマオイルのほとんどは輸入品です。そのため手がかりは容器

 

に貼られているラベルだけです。しかし多くの情報を含んでいるので注意して見ま

 

す。品名・植物の学名・抽出部分・抽出方法・産出国・産出地域などです。

 

この中では学名の敷居が高いです。ラテン語またはギリシャ語ですのでそれも当

 

然です。しかし植物の一般名称では国ごとに違ってきますので、却って混乱の元

 

になるのです。むしろ学名表示はそのための配慮です。