水蒸気蒸留法について

エッセンシャルオイルの抽出には、複数の方法が知られています。すなわち、高

 

熱で蒸して芳香成分を得る「水蒸気蒸留法」、油脂に芳香成分を吸わせる「油脂

 

吸着法(油脂に芳香成分を吸わせる」、芳香成分を有機溶剤に溶かしだして得る

 

「有機溶剤抽出法」、液化ガスなどを超臨界状態にして芳香成分を溶かし出して

 

得る「超臨界流体抽出法」、物理的に圧力を加えて絞り出す「圧搾法」などです。

 

 

 

この中で水蒸気蒸留は、蒸気圧が高沸点である化合物を沸点以下の温度で蒸留

 

する方法です。蒸気を連続的に蒸留容器に供給し、蒸留容器は加熱状態にして

 

おいて容器内を加熱水蒸気で満たします。そして流出する加熱蒸気を水冷し、目

 

的とする物質を水とともに回収します。一般的には水に溶けにくい物質を得るため

 

に用いられます。

gf2160257901l

 

 

エッシェンシャルオイルにおける水蒸気蒸留も同様で、沸点分布が広範な成分を

 

一時に得るには非常に向いています。狭い意味でのエッシェンシャルオイルはこ

 

の方法で得られたものだけを指すほど一般的になっています。とはいえ100度以

 

上の熱がかかるので、熱によって成分が破壊・変質するエッシェンシャルオイルに

 

は向いていません。水蒸気の冷却後に得られる、エッシェンシャルオイルと分離さ

 

れた水の中には、水溶性の芳香物質がわずかに含まれています。特にこれを芳

 

香蒸留水と呼んで、化粧水として用いることがあります。