揮発性有機溶剤抽出法について

植物や動物の芳香成分は、炭素化合物であります。一般的に水には溶けにくく、

 

油に似た性質を持ちます。そのため、ラードなどの油脂に溶かすことで、芳香成

 

分を取り出す方法があります。しかし、油脂を取り除くことが難しいため、現在では

 

一般的な方法ではありません。揮発性有機溶剤抽出法は、有機溶媒で直接、芳

 

香成分を取り出します。溶け込んだ成分は、有機溶媒を蒸発させることにより取り

 

出すことが可能です。これらは低温で処理を行うので芳香成分の分解は低く抑え

 

られます。

 

 

 

水蒸気蒸留法はイスラム世界の錬金術師によって発明されました。アルコールの

 

蒸留なども行われ、純度の高いアルコールが生成されたのもこのころです。このア

 

ルコールを使い、抽出を行ったのが、揮発性有機溶媒抽出法の始まりです。しか

 

しながら、アルコールは蒸発する温度が高く、抽出した成分が分解してしまうこと

 

も多くあります。現在では、低温で蒸発する有機溶媒を使ったり、気圧を下げて、

 

蒸発させやすくする方法がとられています。また、抽出過程においても圧力を変

 

化させ、溶媒がより多くの成分を溶かし込むための工夫がなされています。現在、

 

手ごろな値段で出回っているものの、ほとんどはこの方法によるものです。